へうげもの(13)

モーニング
ヒョウゲモノ
  • 電子あり
へうげもの(13)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あるときは信長、秀吉、家康に仕えた武士。またあるときは千利休に師事する茶人。そしてまたあるときは物欲の権化。戦国~慶長年間を生き抜いた異才・古田織部。甲冑、服飾、茶、陶芸、グルメetc. お洒落でオタクなこの男こそ、日本人のライフスタイルを決めちゃった大先輩だ!!


秀吉の死により、泥沼の朝鮮侵略がようやく終結。死にものぐるいで戦った武将たちの不満は官僚派の筆頭・石田三成に集中。世に言う「七将」襲撃事件をまあまあまあと丸く収めたのが家康。三成を政権から追放するナイフエッヂな政略で、次の天下は徳川さんとの声しきり。とにかく時代はゴーゴー「関ヶ原」。「ヘウケモノ」な茶碗を世に放つ織部。東西分かれてのくんずほぐれつに、危ない橋を平気で渡ります!

目次

  • 第百三十二席 INKYOLOGIC
  • 第百三十三席 ORIBECHAMELEON
  • 第百三十四席 HELP ME
  • 第百三十五席 みどりの涙
  • 第百三十六席 Hyouge Mono
  • 第百三十七席 おかしな七人
  • 第百三十八席 誠意のメッセンジャー
  • 第百三十九席 唇と戦慄
  • 第百四十席 抱きしめたい
  • 第百四十一席 世紀末black or white
  • 第百四十二席 King of Quiet feat.上杉景勝

製品情報

製品名 へうげもの(13)
著者名 著:山田 芳裕
発売日 2011年07月22日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-387024-4
判型 B6
ページ数 224ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2011年1号、4・5合併号、7号、9号、11号、13号、15号、17号、21号、24号、26号

著者紹介

著:山田 芳裕(ヤマダ ヨシヒロ)

1968年、新潟市生まれ。大学在学中にモーニング主催、ちばてつや賞一般部門で入賞。受賞作『大正野郎』で同誌よりデビュー。以来一環してモーニング、ヤングサンデーなど青年誌で活躍。漫画家、編集者に加え、各分野のアーチストからも絶大な支持を受ける。作家性を高く評価されながら、一般読者に支持されないジレンマを抱えていたが、最新作『へうげもの』が名実ともに絶好調。主な作品は他に『考える侍』『しわあせ』『デカスロン』『度胸星』『いよっおみっちゃん』『ジャイアント』などがある。ちなみに物欲の激しさは『へうげもの』の主人公・古田織部級との噂。やきもの、のりもの、文房具、音楽、映画など、多方面に深い造詣を持つ。
 
刊行中の単行本(09年4月1日現在):
『へうげもの』1~8巻(以下続刊・講談社)、『ジャイアント』全9巻(同)、『デカスロン』全13巻(小学館文庫)、『山田芳裕傑作集』全2巻(同)、『ザ・プライザー』(双葉文庫)、『泣く男』(同)

書店在庫を見る

オンライン書店で見る