百舌谷さん逆上する(2)

アフタヌーン
モズヤサンギャクジョウスル
  • 電子あり
百舌谷さん逆上する(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『空談師』『ナツノクモ』とネットゲーム世界を描いてきた篠房六郎が、新たな世界に挑戦する――その名はツンデレ!! いろんな皮がむけてアフタヌーンに帰ってきた孤高の漫画家が、ため込んだ素敵なルサンチマンを込めて贈る、ボーイ・ミーツ・ガールみたいな何か! 言語道断のすこやか倒錯バイオレンス萌え萌えラブコメディ、一部良識派からのいろんな外圧にも負けずに、爆笑必死でお届けします!!



転校生の百舌谷小音は、「ヨーゼフ・ツンデレ博士型双極性パーソナリティ障害」=「ツンデレ」だった! 「ツンデレ」とは好意が攻撃性に変換され現出してしまう症状で、好きと思った相手には罵詈雑言や暴力が出てしまうのだ。いじめられっ子の樺島番太郎は、彼女とともに過ごすうちに「ドM」に目覚めはじめた自分に気づく。そして番太郎の弟の勇次郎が登場。彼は重い病気を患っており、病院で百舌谷さんと出会うのだが……。

目次

  • 百舌谷さんの生誕祭。
  • 百舌谷さんの自由研究。
  • 百舌谷さん掌握する。
  • 百舌谷さん画策する。
  • 百舌谷さん渇望する。

製品情報

製品名 百舌谷さん逆上する(2)
著者名 著:篠房 六郎
発売日 2009年01月23日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-314546-5
判型 B6
ページ数 184ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2008年8月号~12月号

著者紹介

著:篠房 六郎(シノフサ ロクロウ)

漫画家。東京都出身。1998年、「やさしいこどものつくりかた」で「アフタヌーン」(講談社)主催の新人賞「四季賞」春のコンテスト四季大賞を受賞、同誌同年6月号に掲載されデビュー。

オンライン書店で見る