雪月記(1)

アフタヌーン
セツゲツキ
  • 電子あり
雪月記(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は中世、舞台は北方。不可避の未来が「視えてしまう」美貌の軍師、照遠緋乃(てるとおひの)。そして視えてしまった破滅の時まで、あと二年――!
戦乱の時代。山中深くに孤立しながら、理想郷のごとく豊かな村「照遠」。その地には、法外な報酬のかわりに常勝をもたらす異能の軍師「緋乃」が君臨している。だが、当の緋乃は、未来を知ることはできても操ることはできないのだ。必死に「軍師」を演じながら、この酷薄な時代を村ごと生き残るべく、ひとり闘う緋乃の悲運とは! 圧巻の大河時代劇!


人、たやすくその命を散らす時代、中世。物語は戦乱の渦中、北方にて始まる!絶対不可避な「死」の未来を「浄天眼」で身体ごと「視る」軍師・照遠緋乃。未来を知ることはできても操ることのできない緋乃は、いかにして「常勝の軍師」としてこの時代を生き延びていくのか!『都立水商!』『サラダデイズ』の猪熊しのぶ、大型時代劇にて見参!

目次

  • 「軍師」
  • 「誘餌」
  • 「暴露」

製品情報

製品名 雪月記(1)
著者名 著:猪熊 しのぶ 原作:山上 旅路
発売日 2010年02月27日
価格 定価 : 本体571円(税別)
ISBN 978-4-06-310634-3
判型 B6
ページ数 188ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2009年11月号~2010年1月号

オンライン書店で見る