シュヴァリエ(6)

シュヴァリエ
シュヴァリエ(6)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

冲方の舌(かたり)と夢路の筆(ペン)が筆舌に尽くせぬ魔を魅せる!! 時は革命前夜の巴里(パリ)。敵は詩人、虚々実々の新・神秘的韻文詩集!!!


圧倒的破壊力の貪欲なる「導きの獣(ア・バオ・ア・クー)」ジャガノートの牙がバスチーユ牢獄を襲う!!「導きの獣(ア・バオ・ア・クー)」とは「勝利の塔」の最下段に棲まう不可視の獣、それは階段を登る者の踵につき従い、塔の頂点において至上の心理を得る楽園への回帰、全ての詩の根源たる「涅槃(ニルヴァーナ)」の果実。――<本文セリフより>

製品情報

製品名 シュヴァリエ(6)
著者名 著:夢路 キリコ 原作:冲方 丁
発売日 2007年12月21日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-349327-6
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ マガジンZKC
初出 『マガジンZ』2007年8月号~12月号

著者紹介

原作:冲方 丁(ウブカタ トウ)

『マルドゥック・スクランブル』『シュヴァリエ』『蒼穹のファフナー』『ヒロイックエイジ』『カルドセプト』…全メディアの枠を軽々と越え、創作の場を拡大
する「文芸革命児」!!! この『オイレンシュピーゲル』もまた、冲方だから実現できた「同時多発ストーリー」という企みが生んだ、最高の果実である。