ヘルプマン!(19)

イブニング
ヘルプマン
  • 電子あり
ヘルプマン!(19)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

超高齢社会に突入する日本にとって、他人事にはできない問題をリアルに描く
「成年後見制度編」第二弾。2000年、「介護保険制度」と同時期に産声を上げ
たもう一つの制度。「成年後見制度」は、その人らしい尊厳をどこまで守るこ
とができるのか?近隣に住む独居高齢者が突然認知症になった時、家族は、 
隣人は、そして高齢者本人はどうする?一人の独居高齢者・犬塚時枝を通じ
て、認知症になった親の心情看護を家族はどうするか?地域はどう関わるべ
きか?「後見人」の在り方は?そう遠くはない日本の未来がここにある!



認知症になった独居高齢者・犬塚時枝は、向かいに住む吉崎良樹や近隣に迷惑をかけていた。通報を受けた娘・米倉則子は、母の世話と共に財産管理をする事に。しかし母の多額の財産に目が眩み、預金を使い始めた。一方、 介護士・恩田百太郎は、急速に悪化する時枝の症状を緩和するため、地域で独居継続を支援する仕組みを則子や吉崎に提案。しかし百太郎の全力の行為は一蹴され、時枝は尊厳を奪われ悪化して行く。

目次

  • 寥々
  • 預金
  • 滅失
  • 善用
  • 疎薄
  • 一親等
  • 候補者
  • 厄介者

製品情報

製品名 ヘルプマン!(19)
著者名 著:くさか 里樹
発売日 2011年11月22日
価格 定価 : 本体555円(税別)
ISBN 978-4-06-352387-4
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ イブニングKC
初出 『イブニング』2011年12号~17号、19号、20号

著者紹介

著:くさか 里樹(クサカ リキ)

本名:佐藤広子、生年月日:1958年6月9日。高知県高岡郡日高村出身。高知県立高知追手前高等学校卒業。高知市内の授産施設に勤務した後、1980年別冊少女コミック(小学館)にて、『ひとつちがいのさしすせそ』でデビュー。現在イブニングで『ヘルプマン!』連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る