あとかたの街(1)

BE・LOVE
アトカタノマチ
  • 電子あり
  • 映像化
あとかたの街(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。優しい父と強い母、そして四姉妹の女系家族。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。

青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。

しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。

少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、一体何だったのだろうか。


太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、一体何だったのだろうか。

目次

  • 一番鶏
  • 少国民
  • 戦争ごっこと男の子
  • あいの針仕事
  • 勤労乙女
  • 飛来
  • 名古屋生まれ

製品情報

製品名 あとかたの街(1)
著者名 著:おざわ ゆき
発売日 2014年06月13日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-376999-9
判型 B6
ページ数 176ページ
シリーズ KCデラックス
初出 『BE・LOVE』2014年第2~6号、第8号

お知らせ・ニュース

関連サイト
ドラマ×マンガ「あとかたの街 ~12歳の少女が見た戦争~」公式サイト
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=23978
映像化
TVドラマ|ドラマ×マンガ「あとかたの街 ~12歳の少女が見た戦争~」 2020年8月14日(金) NHK BSプレミアムにて21:59~放送
原案:『あとかたの街』
著:おざわゆき

ドラマ×マンガ「あとかたの街 ~12歳の少女が見た戦争~」
出演:木村多江、桐山 漣、吉行和子 ほか
特集・レビュー
第44回日本漫画家協会賞大賞受賞作「あとかたの街」「凍りの掌」2冊同時刊行記念 おざわゆき特別インタビュー|コミックプラススペシャルサイト

オンライン書店で見る