アルクアイネ-サンバベッジ妖精譚-(2)<完>

月刊少年シリウス
アルクアイネサンバベッジヨウセイタン
  • 電子あり
アルクアイネ-サンバベッジ妖精譚-(2)<完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

静かな湖畔に、にぎわう街角に、
そして緑の中に佇む遺跡にも妖精たちは息づいているーー。
北欧の国・サンバベッジの碧眼の妖精発見人、エイネの金色の髪が揺れるとき
人と妖精の間に、悠久に巡る絆が紡がれる。
だからボクはここに書き留めよう、”大いなる精霊”の物語をーー。

北欧を舞台に紡がれる人と人、人と妖精が織りなすノルディック・ヒーリングファンタジー。


静かな湖畔に、にぎわう街角に、そして緑の中に佇む遺跡にも妖精たちは息づいているーー。北欧の国・サンバベッジの碧眼の妖精発見人、エイネの金色の髪が揺れるとき人と妖精の間に、悠久に巡る絆が紡がれる。だからボクはここに書き留めよう、”大いなる精霊”の物語をーー。北欧を舞台に紡がれる人と人、人と妖精が織りなすノルディック・ヒーリングファンタジー。

目次

  • TALE:7 妖犬のいる湖畔[前編]
  • TALE:8 妖犬のいる湖畔[後編]
  • TALE:9 失敗と成功の遁走曲
  • TALE:10 名もなき星が灯るとき[前編]
  • TALE:11 名もなき星が灯るとき[後編]
  • TALE:12 夕暮れに溶けた少女の願い[前編]
  • TALE:13 夕暮れに溶けた少女の願い[後編]
  • TALE:14 祝福されたお方

製品情報

製品名 アルクアイネ-サンバベッジ妖精譚-(2)<完>
著者名 著:三ノ咲 コノリ
発売日 2014年02月07日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-376442-0
判型 B6
ページ数 256ページ
シリーズ シリウスKC
初出 『月刊少年シリウス』2013年4月号~6月号、8月号、9月号、11月号~2014年1月号

著者紹介

著:三ノ咲 コノリ(ミノサキ コノリ)

第16回少年シリウス新人賞出身。
『アルクアイネ-サンバベッジ妖精譚-』がデビュー作となる、気鋭の新人。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る