軍鶏 猛禽の王編

講談社プラチナコミックス(KPC)
シャモモウキンノオウヘン
軍鶏 猛禽の王編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

かつて両親を殺害した男は、“空手”という武器を手に入れ、その武器をひたすら研ぎ続けた。誰からも殺されないために。闘いの舞台は様々に変わるが、男は誰からも殺されないよう、誰からも奪われないよう、ひたすら強さを求める。そしていつしか男は格闘技界すべてを巻き込むほどの暴力を身につけていく。男はいったいどこへ向かうのか――!? 格闘技の本質を抉る衝撃作!!


成嶋リョウ、審判の日――。番竜会の若き王者・菅原直人との対決を望むリョウは、菅原の大事な者を傷つける事で、菅原を決戦の場所へ誘い出す。だが、技術・体力すべての要素で菅原が上……。もし今闘えば、リョウに待ち受けるのは“死”のみ。それでもリョウは挑む。己の存在を証明し続ける為に――。

製品情報

製品名 軍鶏 猛禽の王編
著者名 絵:たなか 亜希夫 原作:橋本 以蔵
発売日 2012年10月17日
価格 定価:785円(本体714円)
ISBN 978-4-06-377669-0
判型 B6
ページ数 612ページ
シリーズ 講談社プラチナコミックス

書店在庫を見る