インフェクション(12)

マガジンポケット
インフェクション12
  • 電子あり
インフェクション(12)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

高校生・天宮晴輝の住む町は、ある日突然、人を襲う“保菌者”によって埋め尽くされてしまった…。蠢く大量の“保菌者”から逃げ切れるのか!? 絶望的サバイバル、開幕! 変わり果てた人間が町を襲い、変わり果てた町が人を阻む!! いつもの道を、命を懸けて駆け抜けろ!


香里によって明らかにされた保菌者騒動の原因と対処への道筋。政府もまた螢を中心に自衛隊による隔離地域突入へと動きを進める。非日常は終わる━━そう感じた晴輝はきららに告白。きらら一人と付き合う日常を選ぶ。だが紗月とらぎ姉…晴輝を想う二人対し、どんな言葉をかけるのか? いまだ答えは見えない。

目次

  • 平岡大学へ
  • 各地の生存者
  • 救われた人々
  • 終わりの前に
  • 疑惑
  • らぎ姉との未来
  • 伴に生きる人
  • 言えなかったこと
  • 道の先

製品情報

製品名 インフェクション(12)
著者名 著:及川 徹
発売日 2018年10月17日
価格 定価:495円(本体450円)
ISBN 978-4-06-512998-2
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 「マガジンポケット」2018年第19号、第20号、第23号、第25号~27号、第29号、第30号

お詫び

電子版『インフェクション』(1)~(21)お買い上げのみなさまへ
2021.02.12

週刊少年マガジンコミックス『インフェクション』(1)~(21)電子版において、
いくつかのページで画像が本来企図した見え方と異なる形で
表示されてしまう現象が生じていることが発覚しました。

絵に添付のような格子状の縞模様が生じる現象(モアレ)が発生し
著者の及川徹先生の意図しない形で、読者の皆様にお届けする形と
なってしまいました。お買い上げの皆様ならびに先生にご迷惑をお掛けし、申し訳ありません。

作品の内容に変更はありませんが
各電子書店にて配信ファイルの差し替え対応を行いましたので、
お手数をおかけしますが、お使いの電子書店上にてファイルの更新をお願い申し上げます。
更新方法は各電子書店にてご確認をお願い申し上げます。
更新されているかどうかは、最終ページ(奥付)をご覧いただくと確認可能で、
更新版は 2020年12月1日発行(02)という表記が確認できます。よろしくお願い申し上げます。


■参考画像(1巻の場合)も下記よりご参照ください。
※URLをコピーしてアドレスバーに貼り付けてご確認ください。

格子状の縞模様が生じる現象(モアレ)例
https://comic-sp.kodansha.co.jp/content/infection/infection_01.jpg

最終ページ(奥付)例
https://comic-sp.kodansha.co.jp/content/infection/infection_00.jpg

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る