改元 島耕作(23) ~平成19年~

モーニング
カイゲン シマコウサク (23)  ~ヘイセイ19ネン~
  • 電子のみ
  • 受賞作
改元 島耕作(23) ~平成19年~
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【平成19年に掲載した島耕作を一挙収録】07年、島耕作のもとにライバル企業・五洋電気が企業買収の標的になっているという情報が入ってきた。その背景にいるのは韓国の電機メーカー・ソムサンだ。五洋の技術が外国に流出すれば国益が損なわれる。ソムサンの敵対的買収に対抗するため、島が主導する初芝はホワイトナイトに乗り出した!【あの頃の日本】サブプライムローン問題が顕在化/東京ミッドタウン開業/郵政民営化開始

©Kenshi Hirokane

製品情報

製品名 改元 島耕作(23) ~平成19年~
著者名 著:弘兼 憲史

著者紹介

著:弘兼 憲史(ヒロカネ ケンシ)

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)、『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)を連載中。

オンライン書店で見る