つげ義春大全 第一巻 白面夜叉 涙の仇討

ツゲヨシハルタイゼンダイイッカンハクメンヤシャナミダノアダウチ
  • 電子あり
つげ義春大全 第一巻 白面夜叉 涙の仇討
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸時代前期、将軍徳川綱吉時代に行われた「生類憐みの令」を題材にした作品で、悪法に苦しむ人々を救う謎の使者白面夜叉の活躍を描いた単行本デビュー作『白面夜叉』。
不慮の死を遂げた恩師の仇を討つため、苦難の道を歩む剣士の姿を描いた『涙の仇討』。
亡き父を尋ね歩き、数奇な運命に巻き込まれた少女を描いた『愛の調べ』。
長編三作を収録。若き日のつげの、漫画への情熱がうかがえる力作群。

製品情報

製品名 つげ義春大全 第一巻 白面夜叉 涙の仇討
著者名 著:つげ 義春
発売日 2020年04月24日
価格 定価 : 本体3,000円(税別)
ISBN 978-4-06-516406-8
判型 A5
ページ数 394ページ
シリーズ KCデラックス
初出 収録作品参照。

著者紹介

著:つげ 義春(ツゲ ヨシハル)

1937年(昭和12年)、東京都葛飾区に生まれる。
1954年(昭和29年)、17歳の時に漫画家デビュー。
以後、翌年の「白面夜叉」(単行本)を皮切りに、
少年少女向けの漫画雑誌や貸本屋向けの単行本で
活躍し、多数の作品を残す。
1965年(昭和40年)から、漫画雑誌「ガロ」に『沼』
『チーコ』『紅い花』『ねじ式』などの珠玉短編を発表、
評論家や漫画ファンの注目を集める。
その独自の幻想性と抒情味あふれる世界は、今や
国内外で幅広いファンを獲得し、衰えない人気の高さを
見せている。2020年アングレーム国際漫画祭にて
「特別栄誉賞」を受賞。

おすすめの本

オンライン書店で見る