化物語(7)特装版

講談社 限定版・特装版
バケモノガタリ7トクソウバン
  • 電子あり
化物語(7)特装版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦場ヶ原ひたぎ。阿良々木暦がある日受け止めた少女。そう、彼女の体には―体重がなかった。1匹の“蟹”に行き遭い、体重を根こそぎ持っていかれていた。化物は、はじめからそこにいる。いつも。どこにでも。『掟上今日子の備忘録』西尾維新×『エア・ギア』大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異! 新しく、今巻き起こる〈物語〉!


阿良々木暦が神原駿河と共に訪れた神社で目にしたのは、ブツ切りの蛇・打ち付けられた厖大な雑言という凄惨な光景。そんな惨状に絶句する暦の脳裏をよぎったのは何故か、長らく忘れていた妹の友達・千石撫子の名前だった。西尾維新×大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異!名無くとも、皆に宿りし〈物語〉!

©NISIOISIN/Oh!great

製品情報

製品名 化物語(7)特装版
著者名 原作:西尾 維新 著:大暮 維人
発売日 2019年10月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-517163-9
判型 B6
ページ数 208ページ
初出 「週刊少年マガジン」2019年第23号~第28号、第31号~第33号

オンライン書店で見る