インフェクション(17)

マガジンポケット
インフェクション17
  • 電子あり
インフェクション(17)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

高校生・天宮晴輝の住む町は、ある日突然、人を襲う“保菌者”によって埋め尽くされてしまった…。蠢く大量の“保菌者”から逃げ切れるのか!? 絶望的サバイバル、開幕! 変わり果てた人間が町を襲い、変わり果てた町が人を阻む!! いつもの道を、命を懸けて駆け抜けろ!


脱出作戦当日──自ら動き出した犯人は秋保に姿を現す。蓮華は倒され、神城も行動不能に陥ってしまう。ホテル岩戸駐車場では明石、関と山田が奮戦。道の駅駐車場でも轟とながみの力で、なんとか耐えしのいでいた。脱出路確保のために皆と別れた晴輝は、海兵隊の排除を決断する。目の前の敵は保菌者ではない…人を殺さなければいけない状況に晴輝は……。

目次

  • 第142話 常識という鎖
  • 第143話 響く声
  • 第144話 もう戻れない
  • 第145話 届けられるもの
  • 第146話 紗月の一歩
  • 第147話 村人の戦い方
  • 第148話 進化する保菌者
  • 第149話 道の駅包囲戦
  • 第150話 求道者

製品情報

製品名 インフェクション(17)
著者名 著:及川 徹
発売日 2019年11月15日
価格 定価:495円(本体450円)
ISBN 978-4-06-517362-6
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 「マガジンポケット」2019年第29号~第40号、休載/第31号、第36・37合併号、第39号

お詫び

電子版『インフェクション』(1)~(21)お買い上げのみなさまへ
2021.02.12

週刊少年マガジンコミックス『インフェクション』(1)~(21)電子版において、
いくつかのページで画像が本来企図した見え方と異なる形で
表示されてしまう現象が生じていることが発覚しました。

絵に添付のような格子状の縞模様が生じる現象(モアレ)が発生し
著者の及川徹先生の意図しない形で、読者の皆様にお届けする形と
なってしまいました。お買い上げの皆様ならびに先生にご迷惑をお掛けし、申し訳ありません。

作品の内容に変更はありませんが
各電子書店にて配信ファイルの差し替え対応を行いましたので、
お手数をおかけしますが、お使いの電子書店上にてファイルの更新をお願い申し上げます。
更新方法は各電子書店にてご確認をお願い申し上げます。
更新されているかどうかは、最終ページ(奥付)をご覧いただくと確認可能で、
更新版は 2020年12月1日発行(02)という表記が確認できます。よろしくお願い申し上げます。


■参考画像(1巻の場合)も下記よりご参照ください。
※URLをコピーしてアドレスバーに貼り付けてご確認ください。

格子状の縞模様が生じる現象(モアレ)例
https://comic-sp.kodansha.co.jp/content/infection/infection_01.jpg

最終ページ(奥付)例
https://comic-sp.kodansha.co.jp/content/infection/infection_00.jpg

書店在庫を見る

オンライン書店で見る