Fairy gone フェアリー ゴーン(2)

別冊少年マガジン
フェアリーゴーン2
  • 電子あり
Fairy gone フェアリー ゴーン(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

──かつて妖精は“兵器”だった。妖精の臓器を移植することで、様々な能力を持つ妖精を分身として出現させ、操ることができる兵士“妖精兵”。イースタルド全土を戦渦に陥れた統一戦争にて、猛威をふるった彼らは、終戦後行き場を失った…。大戦終結から9年後。生き別れた親友を捜す少女・マーリヤが出会ったのは、違法妖精取締機関『ドロテア』の元妖精兵・フリー。戦争に運命を翻弄された2人は“正義”を求める戦いへ…! 妖精に魅入られた少女と共に、新たな物語が幕を開ける。


違法妖精取締機関『ドロテア』の一員となったマーリヤ。散逸した「黒の妖精書」発見の報を受けて、元妖精兵・フリーと共に妖精学者カインの邸宅を訪れる。しかし、マフィアのアクセルが「黒の妖精書」を奪い去ったことで、『グイ・カーリン』の女豹・スウィーティーも絡んでの妖精バトルが勃発! 徐々に疲弊するマーリヤ。共闘する妖精“アッシュクラッド”にも異変が…!? 絶体絶命の窮地にマーリヤの前に現れたのは──。激闘の完結編!

目次

  • 第5話 欲張りキツネと嘘つきカラス2
  • 第6話 せっかち家政婦とわがまま芸術家
  • 第7話 黒い月と迷い子の唄1
  • 第8話 黒い月と迷い子の唄2
  • 最終話 黒い月と迷い子の唄3

製品情報

製品名 Fairy gone フェアリー ゴーン(2)
著者名 著:不二 涼介 原作:Five fairy scholars
発売日 2020年01月09日
価格 定価 : 本体450円(税別)
ISBN 978-4-06-517878-2
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 「別冊少年マガジン」2019年9月号~2020年1月号

おすすめの本

オンライン書店で見る