インザハウス(3)

ハツキス
インザハウス(3)
  • 電子のみ
インザハウス(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新築戸建てに越してきた橙子たち瀧澤家。一家は6人家族だったが、不慮の事故で義父母を亡くし4人家族になっていた。家族のバランスは崩れ、夫の不倫を黙認しつつアルコールに逃げていた橙子だったが、自分に好意を寄せるナガイの言葉により心機一転、子供たちを守るため夫の愛人・松藤とナガイと同居することに。「これが新しい私の家族」と、腹をくくる橙子に対し、夫・義也は真意の見えない謎の青年ナガイの行動に不信感を募らせてゆく…。

夫の不倫相手と、自分に好意を寄せる青年との型破りな同居生活。
そこから見える、新しい家族の姿とは――?

©小宮みほ子

製品情報

製品名 インザハウス(3)
著者名 著:小宮 みほ子

著者紹介

著:小宮 みほ子(コミヤ ミホコ)

2017年『結露と窒息』で第9回Kiss WAVEシルバー賞を受賞。同作品が「ハツキス」(講談社)2017年9月号に掲載されデビュー。デビュー前にWEBで掲載された『彼女はすぐそこの遠く』も異例の大反響となる。現在「ハツキス」にて『インザハウス』連載中。他作品に、交わらない想いを描いた恋愛群像劇『溶けないし混ざらない』(電子にて配信中)。

オンライン書店で見る