海皇紀 超合本(9)

月刊少年マガジン
カイオウキ チョウガッポン9
  • 電子のみ
海皇紀 超合本(9)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【『海皇紀』41~45巻を収録した超合本!※内容はコミックス発売当時と同様です。】
陸に領土を持たず、海に覇を唱える“海の一族”。その守護神である“影船”を操る謎の男ファン・ガンマ・ビゼン‥その器は底が抜けている!? 『修羅の門』『修羅の刻』『龍帥の翼』の川原正敏が描くファンタジー巨編! 壮大なスケールで描かれる海と大地を巡る物語、最終章へ--


コル・セイリオス内で、来るフォレストとの決戦に向け、ソルに作戦を伝えるファン。ソルはファンから託された作戦を必ず生きて完遂させることを誓い、一族の船と共に決戦の地へと赴くのだった。遂に激突するソルとフォレスト。カノンの大砲撃がコル・セイリオスを襲う!

©川原正敏

製品情報

製品名 海皇紀 超合本(9)
著者名 著:川原 正敏

著者紹介

著:川原 正敏(カワハラ マサトシ)

8月17日生まれ。広島県三原市出身。1985年、『パラダイス学園』でデビュー、代表作に『修羅の門』『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』『海皇紀』がある。1990年、『修羅の門』で第14回講談社漫画賞受賞。趣味は草野球。

オンライン書店で見る