化物語(12)特装版

講談社 限定版・特装版
バケモノガタリ12トクソウバン
  • 電子あり
化物語(12)特装版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦場ヶ原ひたぎ。阿良々木暦がある日受け止めた少女。そう、彼女の体には―体重がなかった。1匹の“蟹”に行き遭い、体重を根こそぎ持っていかれていた。化物は、はじめからそこにいる。いつも。どこにでも。『掟上今日子の備忘録』西尾維新×『エア・ギア』大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異! 新しく、今巻き起こる〈物語〉!


『化物語』前日譚にして第零話──『傷物語』!! キスショットを救い、自らが“人”へと戻るため戦う阿良々木暦。二人の敵を退けて、最後の相手は“ただの人間”ギロチンカッター。しかし、あと少しと意気込む暦に飛び込んできたのは、戦いを前にして「羽川がさらわれた」という報せだった──! 十二分、想像超える〈物語〉! 

©NISIOISIN/Oh!great

製品情報

製品名 化物語(12)特装版
著者名 原作:西尾 維新 著:大暮 維人
発売日 2021年02月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-522071-9
判型 B6
ページ数 210ページ
初出 『週刊少年マガジン』2020年第30号、第32号、第33号、第35号~第41号

書店在庫を見る

オンライン書店で見る