賊軍 土方歳三(4)

イブニング
ゾクグンヒジカタトシゾウ4
  • 電子あり
賊軍 土方歳三(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

錦の御旗をたてに、官軍を名乗る薩摩長州率いる新政府軍。一方、賊軍の汚名を着せられた土方歳三率いる新選組や旧幕府軍は、北上する新政府軍を相手に東北各地で抗戦。そんな中、上野戦争後、会津へと逃れた寛永寺貫主にして皇族でもある輪王寺宮が「東武皇帝」を名乗る事を決意する。東武皇帝という新たな錦の御旗を得た旧幕府軍はもはや「賊軍」ではない、誰もがそう思っていた。しかし、東武皇帝を頂点とする東北王朝構想には重大な欠陥があった。その欠陥を正すため、市村鉄之助こと沖田総司は秋田へと急行。そこで待ち受けていたのは、薩摩最強の剣客・大山格之助だった。近藤勇が最も恐れいていた薩摩の剣術・薬丸自顕流を極めていた大山は、沖田を確実に窮地へと追いつめていく。

製品情報

製品名 賊軍 土方歳三(4)
著者名 著:赤名 修
発売日 2021年06月23日
価格 定価:715円(本体650円)
ISBN 978-4-06-523643-7
判型 B6
ページ数 176ページ
シリーズ イブニングKC
初出 『イブニング』2021年4号、6号~8号、10号

書店在庫を見る

オンライン書店で見る