涙雨とセレナーデ(8)

Kiss
ナミダアメトセレナーデ8
  • 電子あり
涙雨とセレナーデ(8)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恋する二人は、未来をつかみとることができるのか――。切なさが止まらないタイムスリップ・ロマンス!
明治40年にタイムスリップした女子高生の陽菜は、自分とそっくりな少女“雛子”と彼女の許婚・孝章に出会う。ひいばあちゃんの首飾りを失くした陽菜はこの世界で生きることを決意。陽菜の正体を知り自身の恋心を打ち明ける孝章と、彼に惹かれる気持ちを押し殺して拒絶する陽菜。二人の思いはすれ違うが、天久座長による雛子誘拐事件を共に解決した陽菜と孝章は距離を縮め、ついに互いの思いを確かめ合う。家の事情を片づけ、陽菜と共に生きたいと願う孝章の言葉に涙があふれる陽菜。その後、孝章は横浜支社への配属が決まり、本郷財閥の裏取引について調べ始める。陽菜もまた天久座長と本郷財閥の過去を探るために、菊之進と一緒に横浜へ。まずは先代のオルブライト邸の中を調べ始める。その頃雛子は、思いを寄せる武虎がスマホの持ち主「片桐陽菜」を探していることを知り、その目的を利用して彼にデエトを持ち掛ける。孝章の協力を得て横浜へ来た雛子と武虎は、オルブライト邸を訪ねて陽菜と対面。そこで陽菜は武虎から、失くした首飾りを見せられ「移動装置」だと教えられる。未来に帰れる方法があると知った陽菜は……。ついに明らかになるタイムスリップの秘密、少しずつ暴かれる過去の秘密、運命に翻弄されるそれぞれの恋。ますます盛り上がる、ドラマティック・ラブストーリー!!

製品情報

製品名 涙雨とセレナーデ(8)
著者名 著:河内 遙
発売日 2021年08月12日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-524521-7
判型 B6
ページ数 168ページ
シリーズ KCデラックス
初出 『Kiss』2021年2月号、4月号、6月号~8月号

著者紹介

著:河内 遙(カワチ ハルカ)

東京都出身。2001年、「アックス」にて『ひねもすワルツ』でデビュー。2009年、一挙4冊を刊行したデビューコミックスフェアで注目を集める。2012年、『夏雪ランデブー』がテレビアニメ化された。主な著書に『関根くんの恋』『ケーキを買いに』『文房具ワルツ』『リクエストをよろしく』など。現在、「Kiss」にて『涙雨とセレナーデ』を連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る