バトルスタディーズ(31)

モーニング
バトルスタディーズ31
  • 電子あり
バトルスタディーズ(31)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

春のセンバツへと続く秋季大会を間近に控え、新チーム最初の練習試合が行われた。
相手は宮崎日難学園、1年時に寮を脱走しDLを離れた毛利率いるチーム。
逃げ出した負い目は深く、DLメンバーとの再会に怯える毛利だったが、いらぬ心配かけつけ三杯。
乗る船は違えど、夢に向かう苦労は同じ。弛まぬ鍛錬リスペクト。
旧交を温めた新チーム初の練習試合に勝利したDLだったが、それでも新主将・丸井の覚悟は決まらなかった。

いつまでたっても俯いたままの態度に、チームの雰囲気は秋の長雨、股間もジメジメ。
湿った空気を引きずったまま、秋季大会は開幕。
ライバル校をスタンドで観戦する丸井に、ボーイズ時代の後輩・雨谷が声をかけてきた。
雨谷は1年生にして強豪・花忠社で注目を集めるスラッガー。DL学園に入部予定も、昨夏の不祥事で進路を変更していた。
主将の重圧に先輩のタマが縮み上がっていることを察した後輩は、丸井の妹が兄への期待よりも心配を漏らしていたことを伝える。いつまでも同じところで膝を震わせている先輩へ、後輩からの強烈なビンタ。
だっさいだっさい補欠の主将は、ピッカピカのお兄ちゃんになれるのか――!?

そして来春DLの仲間になる新入生が初登場!
先輩たちに豪快な宣戦布告(ごあいさつ)かまして、初対面から一触即発――!!

ロングセラーにしてなお重版続々!
作者自身が高校野球を通じて得た、生きる術を熱く叫び、
野球ファンのみならず共感の嵐。
野球を愛する全ての人たちに捧げます!

製品情報

製品名 バトルスタディーズ(31)
著者名 著:なきぼくろ
発売日 2022年03月23日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-527034-9
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2021年45号~51号、2022年1号~4・5合併号

著者紹介

著:なきぼくろ(ナキボクロ)

1985年、大阪府枚方市生まれ。PL学園高等学校硬式野球部のレギュラーとして、2003年夏の甲子園に出場。大阪美術専門学校卒業後、イラストレーターとして活動。2013年、モーニング主催の新人賞「MANGA OPEN」に投稿した『どるらんせ』が、奨励賞とebookjapan賞をダブル受賞。2015年より『バトルスタディーズ』をモーニングで週刊連載中。自らの経験をもとに「リアル」な「生きる術」を追い求めてやまない。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る