BOOGIE WOOGIE WALTZ

ヤングマガジン
ブギウギワルツ
BOOGIE WOOGIE WALTZ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

[作品解説]
大友克洋が20~22歳のころ、1974~1976年にかけて発表した15編の短編漫画作品を発表順に収録した作品集。
1982年に綺譚社より発行された単行本『BOOGIE WOOGIE WALTZ』の収録作を中心に、『ONE DOWN』、江戸川乱歩の短編を漫画化した『鏡地獄』という、これまで単行本には未収録だった2作品の、待望の初収録が実現したコンプリートな編成となっている。
後に『童夢』や『AKIRA』へと結実する、若き大友克洋の粗削りながらも実験的で、新たな表現を模索する非凡な才気を深く味わうことのできる、意欲作ぞろいの内容だ。
なお『目覚めよと呼ぶ声あり』は発表時にも単行本でも割愛された幻のラストページがあり、これは本書にて初公開となる。
綺譚社刊行の『BOOGIE WOOGIE WALTZ』と『GOOD WEATHER』の2冊は、当時ほぼ通信販売のみの流通で、ほとんど書店に並ばなかったこともあり、長らく入手困難であった。
そんな初期作品集が、未収録レア作品を加え、何と40年ぶりの正式・完全な復刻となる!
※「OTOMO THE COMPLETE WORKS」第2巻

目次

  • BOOGIE WOOGIE WALTZ(週刊漫画アクション 1974年4月25日号)
  • BOOGIE WOOGIE WALTZ(週刊漫画アクション 1974年5月23日号)
  • ONE DOWN(週刊漫画アクション 1974年7月4日号) 
  • 目覚めよと呼ぶ声あり CHORAL PRELUDE WACHET AUF ――「コーラル」より前奏曲(週刊漫画アクション 1974年8月15日号)
  • 心中 ―’74―(週刊漫画アクション 1974年10月3日号)
  • 傷だらけの天使 第一話「暗夜行路」(週刊漫画アクション 1974年10月31日号)
  • 傷だらけの天使 第二話「パック 糞面白くもなかった今日の終わりに」(週刊漫画アクション 1974年12月5日号)
  • 傷だらけの天使 第三話「短距離走者の連帯」(週刊漫画アクション 1975年2月6日号)
  • 傷だらけの天使 第四話「醜悪の軋み」(週刊漫画アクション 1975年3月6日号)
  • 傷だらけの天使 第五話「チュンパラブギウギチュンパラブギ」(週刊漫画アクション 1975年6月5日号)
  • 傷だらけの天使 第六話「スカッとスッキリ」(週刊漫画アクション 1975年8月7日号)
  • 辻斬り(漫画アクション増刊 1975年8月23日号)
  • 傷だらけの天使 第七話「ROCK」(週刊漫画アクション 1975年11月27日号)
  • 鏡(漫画アクション増刊 1976年1月3日号)
  • 鏡地獄 原作:江戸川乱歩『鏡地獄』(別冊漫画アクション 1976年3月12日号)
  • 解説                                  

製品情報

製品名 BOOGIE WOOGIE WALTZ
著者名 著:大友 克洋
発売日 2022年03月18日
価格 定価:3,190円(本体2,900円)
ISBN 978-4-06-527320-3
判型 B5変型
ページ数 364ページ
シリーズ OTOMO THE COMPLETE WORKS

著者紹介

著:大友 克洋(オオトモ カツヒロ)

漫画家・映画監督。宮城県出身。
1973年「漫画アクション」にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。
1988年、自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を受け、海外における日本アニメムーブメント(ジャパニメーション)のさきがけとなった。
2013年、日本政府より紫綬褒章。2014年、フランス政府より芸術文化勲章オフィシェ。
2015年、第42回アングレーム国際漫画祭・最優秀賞(フランス)。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 漫画全巻ドットコム
  • 楽天ブックス