妖怪のお医者さん(12)

週刊少年マガジン
ヨウカイノオイシャサン
  • 電子あり
妖怪のお医者さん(12)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

護国寺黒郎、すご~く地味な男の子。春日琴子、ちょっぴり霊感アリの女の子。二人の共通点は、視えちゃうってこと! 妖怪が!! 実は、黒郎の正体は、妖怪が視えるどころか妖怪の病気を治す『妖怪のお医者さん』だった! そしてスケベだった!! 人生で初めてできた友達、琴子を助手に、今日も妖怪救います!!


式獣に襲われ瀕死の黒郎。その霊体は身体を離れ、この世とあの世の“間”にいるという‥‥。黒郎の霊体をこの世に連れ戻すため、自らを銃で撃ち抜き瀕死の状態にし、“間”に向かった琴子。タイムリミッットは3時間! それを過ぎるとゲームオーバー‥‥、成仏!! なんとか時間内に黒郎を見つけ出した琴子だったが、二人の前に“間”の番人《夜行》が立ちはだかる!!

製品情報

製品名 妖怪のお医者さん(12)
著者名 著:佐藤 友生
発売日 2009年12月17日
価格 定価 : 本体419円(税別)
ISBN 978-4-06-384223-4
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 『マガジンスペシャル』2009年No.9~No.12

著者紹介

著:佐藤 友生(サトウ ユウキ)

出身:福岡県、デビュー:2001年8月 マガジンFRESHにて『淘汰ーThe Death』受賞歴:第66回新人漫画賞・入選受賞、コミックス 『妖怪のお医者さん』1~5巻(以下続刊) 、趣味:やせる、特技:ふとる。

オンライン書店で見る