異法人(3)<完>

モーニング
イホウジン
  • 電子あり
異法人(3)<完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“異法人”が現代に出現した意味を我々は問い続けなければならない。世界がどんなに進歩し豊かになろうと「死刑」は存続している。ゆえにその刑罰は人が幸福になるために必要なのだと王は断言する。だが、王の裁きに「救い」を見出すことができない少年は、己の信じる正義を貫くため再び聖塔へ。“異法人”の赤い正義と少年の青い正義、今、人類が必要とする法はどちらなのか。

目次

  • 第20項 弱光
  • 第21項 傷痕
  • 第22項 一撃
  • 第23項 遭遇
  • 第24項 瓦解
  • 第25項 憧憬
  • 第26項 決壊
  • 第27項 刑戮
  • 第28項 相剋
  • 第29項 こぼれた水
  • 第30項 青い陽

製品情報

製品名 異法人(3)<完>
著者名 著:山本 松季
発売日 2014年04月23日
価格 定価 : 本体562円(税別)
ISBN 978-4-06-388316-9
判型 B6
ページ数 240ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2014年6号~16号

著者紹介

著:山本 松季(ヤマモト マツキ)

インカ帝国の時代に神へ身を捧げる少女たちを題材とした『氷の花』で第57回ちば賞大賞を受賞。その後、母を亡くした少年が田舎で過ごすひと夏を描いた『アポリオン』を読み切り掲載し、続けて、世界一過酷な犬橇レース・アイディタロッドを舞台にした『ファーランデブー』を短期集中連載。そして、この度、本作品で初週刊連載スタート。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る