テレパシー少女「蘭」(8) 髑髏は知っていた

月刊少年シリウス
テレパシーショウジョランドクロハシッテイタ
  • 電子あり
テレパシー少女「蘭」(8) 髑髏は知っていた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いま話題の大人気作家! あさのあつこ原作の傑作シリーズがついに漫画化! 街で起こる数々の奇妙な事件。蘭たちの運命は!?


季節はずれの嵐が過ぎ去った4月、蘭と翠のもとに人捜しの依頼が舞い込んだ。凛のクラスメイト・麗香の叔父が行方不明になったというのだ。手がかりは「三つ目のわくわく」という謎のメッセージと、嵐による土砂崩れで、人骨が見つかる事件が起こった白帆という町で消息を絶ったということ‥‥。蘭と翠が、テレパシーで解き明かす事件の真相とは!?

目次

  • 春の嵐とたずね人
  • 菅野家
  • 白帆道行
  • “三つ目の……”
  • 渡された手紙と消えた伝説
  • 骨は語る
  • 異形の者たち

製品情報

製品名 テレパシー少女「蘭」(8) 髑髏は知っていた
著者名 著:いーだ 俊嗣 原作:あさの あつこ
発売日 2009年04月23日
価格 定価:618円(本体562円)
ISBN 978-4-06-373169-9
判型 B6
ページ数 232ページ
シリーズ シリウスKC
初出 『月刊少年シリウス』2008年11月号~2009年5月号

著者紹介

著:いーだ 俊嗣(イーダ トシツグ)

ラポートより、旧名「すんぢ」でデビュー。月刊マガジンZでの連載 『WOLF'S RAIN』より、いーだ俊嗣として執筆をはじめる。巧みな構図や繊細な作風には定評がある。

原作:あさの あつこ(アサノ アツコ)

岡山県出身。青山学院大学卒業。小学校の臨時教諭を勤めたのち、作家デビュ ー。1997年、『バッテリー』で野間児童文芸賞を受賞。児童文学から時代小説まで意欲的な執筆活動で、幅広い世代からの支持を得ている。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る