愚者の星(3)

月刊少年マガジン
グシャノホシ3
  • 電子あり
愚者の星(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

クソ野郎ばかり。/[EDEN]×[オールラウンダー廻]遠藤浩輝の集大成:SF格闘戦記、新フェーズ!!

数世紀にわたり惑星連邦から見捨てられていた植民星スラースで、貴重な鉱物資源が発見された。再び大量の移民と開発の波が押し寄せる一方、差別を受けた原住スラース人達の間で独立運動が拡大。遂に新国家の建国を宣言するに至る。戦争の危機が迫るなか、スラース人と地球人との混血の少年シンタは家族を独立派に殺され、復讐の闘いに身を投じる…

デル・ドルガに復讐を誓うも返り討ちにされたシンタは、強さを求め惑星連邦軍に入隊する。しかしそこで虚弱な少年レス・メナサスとバディーを組まされ、足手纏いを抱える羽目に。さらにシンタを敵視するアレス・ハスタールの罠によって極寒の山中に取り残され、狼の群れに囲まれてしまう…!

製品情報

製品名 愚者の星(3)
著者名 著:遠藤 浩輝
発売日 2020年08月17日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-520400-9
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ KCデラックス
初出 月刊少年マガジン2020年4月号~7月号

著者紹介

著:遠藤 浩輝(エンドウ ヒロキ)

1970年、秋田県生まれ。大学在学中の1995年、『カラスと少女とヤクザ』がアフタヌーン四季賞秋のコンテストで入賞し、デビュー。1997年より同誌にてSF長編『EDEN』を初連載。以後、『オールラウンダー廻』『ソフトメタルヴァンパイア』を発表。2019年より月刊少年マガジンにて『愚者の星』を連載中。

オンライン書店で見る