かつて神だった獣たちへ(12)

別冊少年マガジン
カツテカミダッタケモノタチヘ12
  • 電子あり
  • 映像化
かつて神だった獣たちへ(12)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

絶望の森を、慟哭の荒野を、悲痛の海を、幽冥の時間の中を狼は歩く。かつての戦友を殺すために‥‥。異形の者たちを狩り続ける、終わりのない暴力の旅路。『黄昏乙女×アムネジア』のめいびいが描く、傑作ダークファンタジー。

ケインのもとに辿り着いたハンク。だが、ケインを倒す事は叶わなかった。それだけにとどまらずシャールこそが、エレインに代わる聖女だと確信したケインは、彼女をハンクから奪い去る…。囚われのシャールに語られたケインの真の目的とは。向かう先は破滅の道か──。

目次

  • 血の簒奪者3
  • 幽囚の聖女1
  • 幽囚の聖女2
  • 幽囚の聖女3
  • オーガの怨讐1
  • オーガの怨讐2
  • オーガの怨讐3

製品情報

製品名 かつて神だった獣たちへ(12)
著者名 著:めいびい
発売日 2021年03月09日
価格 定価 : 本体450円(税別)
ISBN 978-4-06-522645-2
判型 新書
ページ数 176ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 『別冊少年マガジン』2020年6・7月合併号~10月号、12月号~2021年2月号

著者紹介

書店在庫を見る

オンライン書店で見る