神様を殺す子供たち(1)

ハツキス
カミサマヲコロスコドモタチ(1)
  • 電子のみ
神様を殺す子供たち(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

パートで働く母親と二人暮らしの辻史絵莉、29歳。幼い頃から女手ひとつで育ててくれた母親が垂れ流す愚痴と、会社の同僚たちが花を咲かせる噂話から唯一解放されるのは昼休みの1時間だけ。そのほんの短い時間に、史絵里は誰にも知られぬ小さな秘密を隠していた――。

©小宮みほ子

製品情報

製品名 神様を殺す子供たち(1)
著者名 著:小宮 みほ子

著者紹介

著:小宮 みほ子(コミヤ ミホコ)

2017年『結露と窒息』で第9回Kiss WAVEシルバー賞を受賞。同作品が「ハツキス」(講談社)2017年9月号に掲載されデビュー。デビュー前にWEBで掲載された『彼女はすぐそこの遠く』も異例の大反響となる。現在「Palcy」にて『神様を殺す子供たち』連載中。他作品に、交わらない想いを描いた恋愛群像劇『溶けないし混ざらない』新しい家族像を描くヒューマンドラマ『インザハウス』(電子にて配信中)。

オンライン書店で見る