グラゼニ~パ・リーグ編~(10)

モーニング
グラゼニパリーグヘン10
  • 電子あり
  • 映像化
グラゼニ~パ・リーグ編~(10)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

GCに移籍して来て2年目、夏之介は先発の柱として貢献していた。チームは、シーズン最終局面に来て首位PSと熾烈な優勝争い真っ最中。迎えた最終戦、GCが勝ち、PSが負けた場合にのみGCは優勝できる。PSはパ・リーグ特有の移動の疲れもあり初回からボロボロ。GCは、先発の扇田が1点リードのまま4回でマウンドを降り、夏之介がリリーフで5回・6回を登板。6人でぴしゃりと抑えそのまま逃げ切り、見事リーグ優勝を果たした。夏之介と扇田は最多勝を獲得。最多本塁打の坪内、最多セーブの薬丸と、最優秀中継ぎの本木。昨年最下位だったGCから、5人のタイトルホルダーが誕生した。CS制覇、そして日本一を目指して。夏之介、34歳の大勝負!

製品情報

製品名 グラゼニ~パ・リーグ編~(10)
著者名 著:足立 金太郎 原作:森高 夕次
発売日 2020年11月20日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-521291-2
判型 B6
ページ数 208ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2020年33号~42号、44号

著者紹介

著:足立 金太郎(アダチ キンタロウ)

第20回MANGA OPENにて才能を見いだされた異才。
得体の知れない短編を数作発表後、「モーニング・ツー」誌上で『The DRIFTERS』を初連載。
『グラゼニ』では初の原作モノに取り組む。『グラゼニ ~パ・リーグ編~』連載開始に伴い、ペンネームをアダチケイジから足立金太郎へと変更した。

原作:森高 夕次(モリタカ ユウジ)

長野県出身の1963年生まれ。中学・高校を野球部で過ごす。
『総理を殺せ』『おさなづま』『ショー☆バン』等、野球に限らず様々な題材の原作を手がけてきた鬼才。
『グラゼニ』にて第37回(2013年度)講談社漫画賞を受賞。
「イブニング」にて『グラゼニ』スピンオフ『グラゼニ ~夏之介の青春~』(漫画/太秦洋介)を連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る