誰も寝てはならぬ(11)

モーニング
ダレモネテハナラヌ
  • 電子あり
誰も寝てはならぬ(11)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

イラストレーターのハルキちゃんと、デザイン事務所社長のゴロちゃん。エエ年こいた大阪男が、東京は赤坂のオフィス「寺」を舞台に、愉快な仲間たちと繰り広げるボケ&ツッコミの応酬!? どこまでも続くゆるーい空気に、アナタも身を任せてみませんか?


猫・恋・野球の三拍子そろった(!?)お気楽おっちゃんトリオのマネしたいような、したくないような、ノー天気ライフ。連載200突破、単行本フタケタ突破の快挙にも、中の連中は何も変わらず、ゆるり、ゆらゆら♪

目次

  • SS212「バーチャルバーチャル」
  • SS213「この夏の過ごし方」
  • SS214「寝言服」
  • SS215「テレビのヒト」
  • SS216「季節の行事」
  • SS217「日陰者の扱いについて」
  • SS218「タ・タ・タ・グガッ」
  • SS219「お前はエエなぁー」
  • SS220「メイク・ア・ウイーッス!!」
  • SS221「眠っていたナニカ」
  • SS222「近所の老後」
  • SS223「待合室でワシも考えた」
  • SS224「ラッキーバッグ」
  • SS225「なんちゃってハタケ」
  • SS226「ルック・ライク・ナントカ」
  • SS227「3パターン」
  • SS228「良縁バトル」
  • SS229「栗ポン」
  • SS230「子供の義務」
  • SS231「テレビの上でワタシも考えた」
  • SS232「違うんです」

製品情報

製品名 誰も寝てはならぬ(11)
著者名 著:サラ イネス
発売日 2009年05月22日
価格 定価:586円(本体533円)
ISBN 978-4-06-337670-8
判型 A5
ページ数 132ページ
シリーズ ワイドKC
初出 『モーニング』2008年39号~42号、44号~52号、2009年2・3号~11号

著者紹介

著:サラ イネス(サラ イネス)

1989年、モーニングパーティー増刊に掲載された『水玉生活』でデビュー。当時のペンネームはサラ・イイネスだった。
その後、モーニングにて『大阪豆ゴハン』、『誰も寝てはならぬ』とショートの連載を続け、モーニングには欠かせぬ存在に。「モーニングの顔」ならぬ「モーニングの小顔」にはなってるか。
現在モーニングで『セケンノハテマデ』を連載中。
発売中の単行本は『大阪豆ゴハン』(電子版のみ)、『誰も寝てはならぬ』、『猫も寝てはならぬ』がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る