誰も寝てはならぬ(14)

モーニング
ダレモネテハナラヌ
  • 電子あり
誰も寝てはならぬ(14)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

イラストレーターのハルキちゃんと、デザイン事務所社長のゴロちゃん。エエ年こいた大阪男が、東京は赤坂のオフィス「寺」を舞台に、愉快な仲間たちと繰り広げるボケ&ツッコミの応酬!? どこまでも続くゆるーい空気に、アナタも身を任せてみませんか?


骨折したハルキちゃんの入院騒動を始め、利休之助の居候生活とか、オカちゃんの恋(?)の行方とか、マキオちゃんの猫カフェ通いの行方とか、何気にけっこういろんなことが起こっております。

目次

  • SS275「イイように」
  • SS276「明日、明日」
  • SS277「ナゼそんな事言う」
  • SS278「ヨー イワンワ」
  • SS279「いろいろ集まる」
  • SS280「入院生活」
  • SS281「トモダチナラアタリマエ~」
  • SS282「類は友を呼ぶ」
  • SS283「ヤーマダ・ねねの現代用語のキソ知識」
  • SS284「出た」
  • SS285「インタビュー・さばけてる女達」
  • SS286「フトマキ」
  • SS287「ブンガブンガ」
  • SS288「油断」
  • SS289「絶対よ♪」
  • SS290「モーニング」
  • SS291「見合って見合って」
  • SS292「そうだったナ」
  • SS293「逃げてみる、久々」
  • SS294「劣化の行き着く先」
  • SS295「山に歯を見せる」

製品情報

製品名 誰も寝てはならぬ(14)
著者名 著:サラ イネス
発売日 2010年11月22日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-337705-7
判型 A5
ページ数 132ページ
シリーズ ワイドKC
初出 『モーニング』2010年12号、14号~31号、33号~35号

著者紹介

著:サラ イネス(サラ イネス)

1989年、モーニングパーティー増刊に掲載された『水玉生活』でデビュー。当時のペンネームはサラ・イイネスだった。
その後、モーニングにて『大阪豆ゴハン』、『誰も寝てはならぬ』とショートの連載を続け、モーニングには欠かせぬ存在に。「モーニングの顔」ならぬ「モーニングの小顔」にはなってるか。
現在モーニングで『セケンノハテマデ』を連載中。
発売中の単行本は『大阪豆ゴハン』(電子版のみ)、『誰も寝てはならぬ』、『猫も寝てはならぬ』がある。

オンライン書店で見る