西遊妖猿伝 大唐篇(1)

モーニング
サイユウヨウエンデンダイトウヘン
  • 電子あり
西遊妖猿伝 大唐篇(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第4回手塚治虫文化賞・マンガ大賞受賞。「西遊記」と中国史を絡めて描く漫画史上屈指の痛快大伝奇冒険活劇!!
 
2008年秋、モーニングにて漫画界待望の続篇「西域篇」がスタートした血湧き肉躍る諸星版西遊記の、第一部!
 
※作者の意向により、新装にあたって従来の「大唐篇」「河西回廊篇」をまとめて「大唐篇」全10巻としました。


隋末期の中国。花果山の麓に住む孫家の少年は、強大な妖怪・無支奇(むしき)に見込まれてその称号「斉天大聖」を受け、額に金環を授かります。その時から、彼の運命は戦いと血のるつぼの中に投げ込まれました。少年の名は、悟空ーー。2008年秋、モーニングにて漫画界待望の続篇「西域篇」がスタートした血湧き肉躍る諸星版西遊記、第一部であります!

目次

  • 序 花果山の章
  • 第1回 群雄中原に鹿を逐い 嬰児 深山に野女を求む
  • 第2回 花果山に申仙 理を諭し 水簾洞に妖魔 威を顕す
  • 第3回 悟空 壺中に天地を見 李冰 渓谷に野人を狩る
  • 第4回 李冰 再び大聖と相対し 真君 神鎖にて妖猿を縛す
  • 大唐篇 五行山の章
  • 第5回 双又嶺に怪童 虎を打ち 断頭坡に校尉 車を停む
  • 第6回 処刑場に鬼哭啾啾 黄河上に悟空大いに怒る
  • 第7回 怪童 波浪を逃れ 猛児 兇刃を振るう
  • 第8回 ニ雄 雪原に唐兵と戦い ?女 慈悲にて姉を救う
  • 第9回 平頂山に児女 夥を頼み 聚義庁に英雄 棒を振るう
  • 第10回 竜女 単にて平頂山を制し 悟空 双して五行山に入る
  • 第11回 仙境に処女 天意を図り 村裏に凶徒 良民を虐ぐ
  • 新装版刊行に当たって
  • 隋末群雄割拠図
  • 白雲洞概念図

製品情報

製品名 西遊妖猿伝 大唐篇(1)
著者名 著:諸星 大二郎
発売日 2009年01月23日
価格 定価:1,047円(本体952円)
ISBN 978-4-06-375661-6
判型 B6
ページ数 408ページ
シリーズ KCデラックス
初出 潮出版刊『西遊妖猿』全16巻を章立て、サブタイトル等の一部を変更し、新たに編集したもの。

著者紹介

著:諸星 大二郎(モロホシ ダイジロウ)

東京都出身。1949年生まれ。70年、「COM」掲載の『ジュン子・恐喝』でデビュー。74年、『生物都市』が第7回手塚賞に入選。ホラー、SF、歴史物、ファンタ ジー、ギャグなど描く作品の幅は広く、独自の作風は多くの漫画家やクリエーターに影響を与え続けている。『稗田礼二郎(妖怪ハンター)シリーズ』『暗黒神話』『マッドメン』『栞と紙魚子シリーズ』など代表作は多数。92年に『ぼくとフリオと校庭で』『異界録』で第21回日本漫画家協会賞優秀賞を、2000年に『西遊妖猿伝』で第4回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。著作には小説(『キョウコのキョウは恐怖の恐』『蜘蛛の糸は必ず切れる』)もある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る