西遊妖猿伝 大唐篇(8)

モーニング
サイユウヨウエンデンダイトウヘン
  • 電子あり
西遊妖猿伝 大唐篇(8)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第4回手塚治虫文化賞・マンガ大賞受賞。「西遊記」と中国史を絡めて描く漫画史上屈指の痛快大伝奇冒険活劇!!
 
2008年秋、モーニングにて漫画界待望の続篇「西域篇」がスタートした血湧き肉躍る諸星版西遊記の、第一部!
 
※作者の意向により、新装にあたって従来の「大唐篇」「河西回廊篇」をまとめて「大唐篇」全10巻としました。


河西回廊の甘州までたどり着いた玄奘と悟空は、一升金という少女の家に宿をとることに。これが女難の連鎖の始まりでした。廃墟に潜む妖怪・白骨夫人、快楽殺人者のごとき女盗賊・羅刹女…続々と現れる恐ろしい女たち。そして一升金の周囲には、なぜか巫蠱の呪術師の気配が立ち込めて …。巻末には諸星大二郎×藤田和日郎のスペシャル対談(後編)を収録。いよいよ話は、それぞれの創作活動の深奥に及びます!

目次

  • 第74回 真の聖僧 水滸に宿を借り 仮の玄奘 甘州に言を弄す
  • 第75回 故城に玄奘 帰路を失い 甘州に八戒 心経を講ず
  • 第76回 屍魔 三たび大聖に戯れ 児女 故城に死母を訪ぬ
  • 第77回 童女 養家を捨て 凶女 故城に走る
  • 火井鎮の章
  • 第78回 陰風 凄々として砂漠を吹き 聖僧 促々として荒野を過ぐ
  • 第79回 凶風吹いて行客 貨を守り 強刃閃いて旅僧 災いを脱る
  • 第80回 武尉 石を投じて河中に入り ニ客 津を求めて旧知に遭う
  • 第81回 山中に心猿 巫蠱を知り 草庵に妖蛇 蜥蜴を呑む
  • 第82回 火井鎮に巫 刀桿を上り 析易庵に僧 蠱毒に中る
  • 唐初の突厥勢力図
  • スペシャル対談(後篇)諸星大二郎X藤田和日郎

製品情報

製品名 西遊妖猿伝 大唐篇(8)
著者名 著:諸星 大二郎
発売日 2009年04月23日
価格 定価:1,058円(本体962円)
ISBN 978-4-06-375697-5
判型 B6
ページ数 400ページ
シリーズ KCデラックス
初出 潮出版刊『西遊妖猿伝』全16巻を、章立て、サブタイトル等の一部を変更し、新たに編集したもの。

著者紹介

著:諸星 大二郎(モロホシ ダイジロウ)

東京都出身。1949年生まれ。70年、「COM」掲載の『ジュン子・恐喝』でデビュー。74年、『生物都市』が第7回手塚賞に入選。ホラー、SF、歴史物、ファンタ ジー、ギャグなど描く作品の幅は広く、独自の作風は多くの漫画家やクリエーターに影響を与え続けている。『稗田礼二郎(妖怪ハンター)シリーズ』『暗黒神話』『マッドメン』『栞と紙魚子シリーズ』など代表作は多数。92年に『ぼくとフリオと校庭で』『異界録』で第21回日本漫画家協会賞優秀賞を、2000年に『西遊妖猿伝』で第4回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。著作には小説(『キョウコのキョウは恐怖の恐』『蜘蛛の糸は必ず切れる』)もある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る