西遊妖猿伝 大唐篇(10) <完>

モーニング
サイユウヨウエンデンダイトウヘン
  • 電子あり
西遊妖猿伝 大唐篇(10) <完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第4回手塚治虫文化賞・マンガ大賞受賞。「西遊記」と中国史を絡めて描く漫画史上屈指の痛快大伝奇冒険活劇!!
 
2008年秋、モーニングにて漫画界待望の続篇「西域篇」がスタートした血湧き肉躍る諸星版西遊記の、第一部!
 
※作者の意向により、新装にあたって従来の「大唐篇」「河西回廊篇」をまとめて「大唐篇」全10巻としました。


無気味にうごめく妖虫・金蚕蠱(きんさんこ)。襲い来る巫蠱(ふこ)使いの呪術師。そしてまたしても現れた女盗賊・羅刹女(らせつにょ)! 悟空の金箍棒(きんこぼう)に休息はありません。そして恵岸行者と妖人・通臂公(つうひこう)の争いも、ついに最後の局面を迎え…。「大唐篇」の物語は、フルスロットルのまま最終ページまで疾走を続けます!!

目次

  • 第91回 黄袍怪 沙中に落命し 通臂公 金蚕蠱を調う
  • 第92回 通臂 甕を転がして行者を悩まし 妖虫 錦を食いて腹中に入る
  • 第93回 金蚕 繭を作りて妖胎を成し 方相 一身もちて魔虫を移す
  • 第94回 悟空 蠱を殺して邪眼を潰し 玄奘 易占に循いて馬を替う
  • 玉門関の章
  • 第95回 将軍 両雄間に矢を放ち 悟空 柵に火を放ちて蠱を焼く
  • 第96回 玄奘 玉門を望みて河を渡り 通臂 革袋に入りて讐を報う
  • 第97回 玉門関に悟空 道を失い 沙州城に恵岸 妖を待つ
  • 第98回 鳴砂山に行者 魔を斬り 莫高窟に妖人 砂に消ゆ
  • 第99回 地に悟れば 魔中に仏あり 客疑心せば 仏中に魔あり
  • 第100回 西天の地に 成果を求め 莫賀延碩 道茫々たり

製品情報

製品名 西遊妖猿伝 大唐篇(10) <完>
著者名 著:諸星 大二郎
発売日 2009年05月22日
価格 定価:1,047円(本体952円)
ISBN 978-4-06-375721-7
判型 B6
ページ数 400ページ
シリーズ KCデラックス
初出 潮出版刊『西遊妖猿伝』全16巻を、章立て、サブタイトル等の一部を変更し、新たに編集したもの。

著者紹介

著:諸星 大二郎(モロホシ ダイジロウ)

東京都出身。1949年生まれ。70年、「COM」掲載の『ジュン子・恐喝』でデビュー。74年、『生物都市』が第7回手塚賞に入選。ホラー、SF、歴史物、ファンタ ジー、ギャグなど描く作品の幅は広く、独自の作風は多くの漫画家やクリエーターに影響を与え続けている。『稗田礼二郎(妖怪ハンター)シリーズ』『暗黒神話』『マッドメン』『栞と紙魚子シリーズ』など代表作は多数。92年に『ぼくとフリオと校庭で』『異界録』で第21回日本漫画家協会賞優秀賞を、2000年に『西遊妖猿伝』で第4回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。著作には小説(『キョウコのキョウは恐怖の恐』『蜘蛛の糸は必ず切れる』)もある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る