西遊妖猿伝 大唐篇(7)

モーニング
サイユウヨウエンデンダイトウヘン
  • 電子あり
西遊妖猿伝 大唐篇(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第4回手塚治虫文化賞・マンガ大賞受賞。「西遊記」と中国史を絡めて描く漫画史上屈指の痛快大伝奇冒険活劇!!
 
2008年秋、モーニングにて漫画界待望の続篇「西域篇」がスタートした血湧き肉躍る諸星版西遊記の、第一部!
 
※作者の意向により、新装にあたって従来の「大唐篇」「河西回廊篇」をまとめて「大唐篇」全10巻としました。


赤子の姿をした霊芝「人参果」に隠された秘密。人参果の持ち主、強敵・与世同君の繰り出す千変万化の幻術を、悟空は打ち破れるのでしょうか? 悟空を執拗に追いつづける刺客・黄袍や玄奘をつけ狙う紅孩児らも入り交じり、危機また危機、戦いまた戦いの第7巻。巻末には、諸星大二郎×藤田和日郎のスペシャル対談(前編)を収録。「怪」と「活劇」を描き続ける二人が、『妖猿伝』を、漫画を語りつくします!

目次

  • 第65回 人参を求めて三夫 山に入り 嬰児を偸られて木精 谷を擡がす
  • 第66回 袖裏乾坤 逃れること如何 人参果樹 何んぞ生を得ん
  • 第67回 方相 市を鬧がして蛮力を誇り 李靖 花を摘まんと鸚鵡を贈る
  • 第68回 同君 畫より出でて車輪を飛ばし 両雄 大いに狼頭堡を鬧がす
  • 第69回 扶桑夫人 砂漠に幻化し 阮兄弟 暴虎馮河す
  • 第70回 悟空 暴虎して戦場を走り 玄奘 馮河して行路を拓く
  • 第71回 百年の仙根 まさに絶えんとし 連理の霊樹 永に生きんとす
  • ろく得城の章
  • 第72回 前門に黄狼 待ち受け 後門に双虎 追い来る
  • 第73回 紅孩児 空寺に僧を追い 石方相 廃院に塔を撃つ
  • スペシャル対談(前篇)諸星大二郎X藤田和日郎

製品情報

製品名 西遊妖猿伝 大唐篇(7)
著者名 著:諸星 大二郎
発売日 2009年04月23日
価格 定価:1,058円(本体962円)
ISBN 978-4-06-375696-8
判型 B6
ページ数 432ページ
シリーズ KCデラックス
初出 潮出版刊「西遊妖猿伝」全16巻を、章立て、サブタイトル等の一部を変更し、新に編集したもの。

著者紹介

著:諸星 大二郎(モロホシ ダイジロウ)

東京都出身。1949年生まれ。70年、「COM」掲載の『ジュン子・恐喝』でデビュー。74年、『生物都市』が第7回手塚賞に入選。ホラー、SF、歴史物、ファンタ ジー、ギャグなど描く作品の幅は広く、独自の作風は多くの漫画家やクリエーターに影響を与え続けている。『稗田礼二郎(妖怪ハンター)シリーズ』『暗黒神話』『マッドメン』『栞と紙魚子シリーズ』など代表作は多数。92年に『ぼくとフリオと校庭で』『異界録』で第21回日本漫画家協会賞優秀賞を、2000年に『西遊妖猿伝』で第4回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。著作には小説(『キョウコのキョウは恐怖の恐』『蜘蛛の糸は必ず切れる』)もある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る